クーバルグループ

社員インタビュー

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 社員インタビュー(田村 俊仁)

田村 俊仁 Toshihito Tamura

ayumi

仕事内容

ご利用者様とリハビリを共にしていくという業務と、施設長として施設の売上や経費などの数字の管理、ご利用者様の情報管理やスタッフのマネジメント等をしています。

「だからこの仕事が好き」と思えること・一番嬉しかったこと

社員インタビュー

ご利用者様の一人ひとりが身体的な痛みや悩みを抱えらている中で、ayumiを利用することでリハビリへのモチベーションが上がり、ご利用者様の抱えている問題が少しでも楽になると、この仕事をやっててよかったと思います。また、この仕事はチームで動いているため、チームとして目標を立ててそれに向かって皆で行動を起こしたときに、やりがいを感じます。

具体的なエピソード

ここを開設した当初はご利用者様が少ない状況だったんですが、どうやったらご利用者様に来てもらえるか、どうやったら満足していただけるかをスタッフ一人ひとりと話し合い、行動へと移しました。ご利用者様が増えてからは、「ここのリハビリが好き。安心してリハビリが出来る」などのお声を頂き非常に嬉しかったのを覚えています。

仕事の中で大変だと思うこと・困難だと思うこと・どうやって乗り越えたか

ご利用者様一人ひとりが満足できるリハビリを提供できているのだろうかと悩むことが多いです。そういった事を常にスタッフに話はしてるんですけども、自分たちのイメージした通りに進まない時はやっぱり悩みますね。また、現在はたくさんのご利用者様に通所して頂いていて、地域でもayumiの認知度が上がり皆様に認められているなと感じているのですが、そこに至るまでに自分たちが目指しているところに近づけるのか苦労しました。その際は当時の上司をはじめ、スタッフ一人ひとりと話し合う事で道が拓けたという事がありました。

社員インタビュー

この会社の好きなところ

社員インタビュー

クーバルグループという会社は色々な事業がある中で、お客様を第一に優先すべきという考えのもと事業を行っているのですが、お客様と同じぐらい社員の幸せも大事に考えています。やはり、お客様に目が行き過ぎるあまりスタッフが心身共にヘトヘトの状態で働いているというのは良くない事ですから。あとは経営理念として、お客様や全社員、そして自分たちが関わる地域すべてが幸せになっていこうという考えがあるところが好きです。会長、社長ともお話させて頂く機会はあるんですが、その中で先ほどお話しした「全員が幸せになっていこう」という言葉をいつもお話されますので、従業員を大切にするという気持ちがすごく伝わります。

クーバルグループに入社した決め手

面接のときに三好課長よりここは会長・社長はじめ経営陣との距離が近く、すごく良い機会になるよとお話しいただきました。その三好課長もすごく話がしやすい人柄で貴重な経験をしながら良い環境で働けるなと感じました。

趣味やプライベートでの楽しみ方

もともと野球をやっていたこともありまして野球観戦をしたり、音楽が好きなので夏フェスなどに参加して、太陽のもとで美味しいビールを飲みながらライブを楽しんだりと気分転換をしています。また、職場の皆とも、何かの節目などに飲み会を催したりするので、よく飲みに行きますね。

求職者へひと言

クーバルグループは、一人ひとりがチャレンジしたい気持ちを大事にする会社ですので、やりがいをもって自分の人生を創って行きたい方や、今は目標は無くてもやりたいことを見つけたい方など、生き生きと仕事がしたい方にすごくおすすめの会社だと思います。ぜひ一緒に学び、働けたらと思います。

その他の社員紹介 Staff

その他の採用コンテンツ Others contents

エントリーする