クーバルグループ

社員インタビュー

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 社員インタビュー(梶村 洋平)

梶村 洋平 Youhei Kajimura

コープ

仕事内容

第三事業所で配達業務を行っています。役職はリーダーなので、チームのマネージメント等がメインになってきます。エリアごとに少人数制で動いてるので、エリアの中での取り組みや、チームのマネージメント、メンタル管理など、ぜんぶ含めて纏めていくような形です。

「だからこの仕事が好き」と思えること・一番嬉しかったこと

社員インタビュー

生協という仕事が地域に根付いているので、配達に行った先で組合員様と何気ない会話など出来るところも楽しいですし、僕がマネジメントするチームの部下の子たちが頑張って成果を上げてきてくれれば、それも嬉しく思うと同時にやりがいを感じます。

具体的なエピソード

受け持っている配達ルートが変わることがあるんですが、以前僕の担当している配達ルートが変わることになりました。組合員様からしたら、僕たちは1週間に1回来る配達のお兄さんなんですけども、その担当者が変わってしまうということで、組合員様から「残念だ」や「変わってほしくない」など言って頂けて。そういう事を言っていただけると、僕が今まで組合員様にさせていただいた対応の一つ一つが、間違い無かったんだなと思います。

仕事の中で大変だと思うこと・困難だと思うこと・どうやって乗り越えたか

入社したての時が一番大変でした。配達先や道順を覚えるというのが大変だったことと、結構な力仕事だったので、配達業務に身体が慣れるまでは躓きましたね。あと、重量があるもの(水だったり)などは、夏場は特に配達する量が多いので、そういったものを運ぶ時はやっぱり大変ですね。でも、配達先で「ありがとう」と言われるのは嬉しいです。

社員インタビュー

この会社の好きなところ

社員インタビュー

配達している最中はどうしても独りでの仕事なんですが、朝の出勤時や配達を終えて帰社すると、支所で仲間が待ってくれています。支社での人間関係っていうのは、どこよりも良いんじゃないかなと、そこは自信をもって言えますね。社風として、上の方々との距離が近いです。一般的な会社では、「会長」って普段手の届かない存在の方だと思うんですが、弊社は会長や社長が支所に来て社員と色々お話して下さっています。そんな「上との距離が近い」と言うのが、社員仲の良い社風を作ってるんじゃないかなと思います。

クーバルグループに入社した決め手

僕は前職では介護職として働いていましたが、「生協」という地域に根差した、誰もが知っている仕事をしてみたいなという考えがありました。そこで、以前とは全く違う業種なのですが、クーバルグループでの求人募集があったので入社を決意しました。

趣味やプライベートでの楽しみ方

リーダー職になってくると土日も出勤することはたまにあるのですが、基本的には土日が休日と固定されているので予定が立てやすいですね。買い物や旅行などの予定も立てやすいです。ちなみに、普段ドライバーとして運転していますが、休みの日まで運転したくないという感情は無いですね。休日も楽しく運転します。

求職者へひと言

弊社は経営体制がしっかり整った企業だと思いますし、社員の頑張りをきちんと評価してくれます。入社してから最初のほうは慣れるまでが少し辛いかもしれないですが、そこは全面的にバックアップさせてもらいます。社員が働きやすい環境というものを僕達も作っていくので、ぜひ弊社に来て一緒に働いてもらえたら、ありがたいですね。

その他の社員紹介 Staff

その他の採用コンテンツ Others contents

エントリーする