クーバルグループ

社員インタビュー

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 社員インタビュー(千葉 亮)

千葉 亮 Ryou Chiba

クーバルニュー

仕事内容

現在は、生協の商品を通して、組合員様に笑顔と感動をお届けする仕事をしています。また、リーダーとして、自信のみならず仲間のキャリアアップを考え、「家族」のように一人ひとりと寄り添い、仲間の仕事と人生の両面の幸せを追求しています。同時に、人事部係長としてクーバルグループ全社員の色々な生き方に寄り添う、そんな土台作りのための研修を日々行っています。実際は私自身が一年を通して一番の研修受講者となり、そこで色々な気付きを得たのですが、皆にまだまだ貢献できていないと思っております。今後はクーバルグループの新業態であるカフェ事業の責任者となるので、常に「攻め」の姿勢で地域のお客様の幸せを追求するお店作りに励みます。

「だからこの仕事が好き」と思えること・一番嬉しかったこと

社員インタビュー

仕事で経験すること全てが自分の糧となり、喜びになります。ルート配送の仕事は、現場に出ると独りなのですが同時に責任も任されています。そこで創意工夫をして、お客様と信頼関係を結び、安心安全を前提とした配達の効率化を追求するところが、ものすごく面白いですね。そういった点で、自分に課した目標が達成できた時は嬉しいです。

具体的なエピソード

新人だった頃に何も知らなかった私に手取り足取り導いて下さったクーバルグループには感謝しています。自分の名刺を初めて作っていただいた時はとても嬉しかったですね。当時の部長に名刺交換の練習に付き合っていただいたのを覚えています。

仕事の中で大変だと思うこと・困難だと思うこと・どうやって乗り越えたか

生協の組合員様は数多くいらっしゃり、様々な組合員様と日々接していく中で学ばせていただくことが数多くあります。なので配達員は組合員様に育てられるという感覚があり、接する数が多いほど成長していきます。以前、私が配達をさせていただいた組合員様からクレームを頂き、誠心誠意謝罪をしたのですが結果としてご納得いただけないという事がありました。その時はやむを得ない理由でお客様にご不便をおかけしてしまったのですが、お客様お一人おひとりに事情があり、配達を利用してくださっているので、その信頼に応えられなかった事に後悔が残りました。その苦い経験が一つの糧となり、それをきっかけに組合員様に対する対応の仕方も自分の中で意識が変わりましたね。

社員インタビュー

この会社の好きなところ

社員インタビュー

クーバルグループはすごく面白い会社です。勢いがあると同時に、従業員の生活のことも考えてくださっています。また、ガラス張り経営なので全従業員がクーバルグループについて詳しく知ることができ、クリアな会社という点でとても好感を持てます。主体性を発揮することを全力でサポートしてくれる会社なので、社員を導こうとする姿勢に本当に感謝しています。また、従業員も導かれるだけではなく、主体性をもとにして自分達が研修を行う事が可能であり、会社もそれを推進してサポートやアドバイスもしてくれます。そんな愛のある会社です。

趣味やプライベートでの楽しみ方

もともと無趣味なんですが、最近は料理をしています。今後、新業態のカフェ事業の責任者となる事もあり、練習も兼ねて様々な料理を作っています。料理の段取りが仕事にも通じている気がします。また、それまで料理というものをあまりしなかったんですが、実際にやってみるとすごく面白かったのでハマってしまって、今では食材の中身まで目が行くようになってきました。他には、インスタグラムをやっているので空や猫の写真を撮って載せています。皆と繋がれることが楽しいです。

カフェ事業への意気込み

孤立した人々が増えているという社会問題に対して、カフェ事業という形で地域のコミュニティ作りをし、心と体の健康を増進して地域に貢献できないかという、クーバルグループの会長が描く構想に心打たれました。今までの仕事とは全く違う業種で未経験という面では不安もあるのですが、今回自分がカフェ事業の責任者として抜擢された理由が「人のつながりを作れる能力」を買われたというのを受けまして、その期待に応えたい、成功させたいという思いでいっぱいです。

求職者へひと言

クーバルグループは、これから技術の進歩で人間の付加価値がどんどん求められてくる時代の中で、「地域愛にあふれるホスピタリティ」を軸に、私達の物・心両面の幸せの追求をサポートし、全社員が個々の能力を最大限発揮させ一丸となって経営理念の実現に突き進んでいる、そんな会社です。皆様と一緒に働けるご縁がある事を楽しみにお待ちしております。

その他の社員紹介 Staff

その他の採用コンテンツ Others contents

エントリーする